オーバーヒートとはどんな現象か

オーバーヒートについて

2014年9月 のエントリー


チェックポイントその3「エンジンオイル」

2014年9月24日 - 23:08 | 投稿者 ヒートヒート

自動車のメンテナンス項目として定期的に確認し交換する必要があるのがエンジンオイルです。
これはエンジン内部を潤滑しているもので、人間で言えば血液にあたるものです。
このオイルがなければどうなるか、エンジンはすぐに焼きついてしまうことになります。
一般的なエンジンはシリンダーと呼ばれる筒状の中にピストンというものがありこれらが上下運動することで回転しているのです。

その上下運動を続けるためにガソリンが必要で、このガソリンと空気を混合させてピストンが圧縮し爆発することでその反動で回転運動を生み出しています。
そのためエンジン内部はすぐに高温になってしまい、ピストンが高温で焼きついてしまうのを防ぐ役目をしています。
このオイルがエンジン内部を循環することで冷やしているのです。
しかしオイルは酸化します。またエンジン内の高温、回転という過酷な状態ではオイルも少しずつ焼けて燃焼してしまいます。

またエンジン内部の汚れを取る役目もあり徐々に汚れてきてしまうのです。
そのため定期的に交換する必要があるのです。
一般的には1万キロ前後とも言われていますが、時間ととも酸化するのであまり走行しなくても数ヶ月という期間で交換するのも方法です。

カテゴリー 未分類 | チェックポイントその3「エンジンオイル」 はコメントを受け付けていません。

チェックポイントその2「冷却液」

2014年9月24日 - 23:07 | 投稿者 ヒートヒート

クルマに乗る際にはある程度のメンテナンスと点検の知識をもっておくと良いでしょう。洗車だけしていても、車をながくのりつづけることは難しいです。定期的な点検と日常のメンテナンスが重要です。移動には便利ですが、走行中に思わぬトラブルを起こしてしまうことがあります。その原因は、故障だったりするからです。

定期的な点検として、冷却液を確認しましょう。これをチェックするときには、量だけでなく季節による濃度が適切かも判断します。特に冬になると気温が低下して、濃度が低いときには凍結することも考えられます。冬が来る前にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。また、点検を行うときには、エンジンが完全に冷えている冷えている状態で行いましょう。補充をするときには、下限と上限の間で補充をして、FULL以上にならないようにします。濃度を調節するため、水だけでの補充は避けたほうが良いです。

自分でメンテナンスをすることによって、クルマへの愛着も湧いてきます。しかし、どうしても自分ひとりで点検と補充をすることができない人は、業者に依頼をするのも良いです。信頼ができる業者を一軒でも知っていると安心してメンテナンスを任せることができます。

カテゴリー 未分類 | チェックポイントその2「冷却液」 はコメントを受け付けていません。

チェックポイントその1「水温計」

2014年9月24日 - 23:06 | 投稿者 ヒートヒート

古い車や機能などが不足している車によっては、夏などの暑い時期での渋滞などにおいて水温が上がりやすくなってしまう場合があります。そして、水温が高くなってしまうとオーバーヒートの可能性があります。

そのため、オーバーヒートの可能性などにできるだけ早く気付くためにも、普段から走行中に水温が上がっていないかなどを水温計で確認することが必要です。エンジンが動いた直後は、水温はあまり高くないので針はCの近くをさしていますし、エンジンが動くことによって温度が高くなっていくと真ん中くらいの位置を針がさすようになります。しかし、エンジンを動かしてから時間が経っているのに、Cの近くから針が動かない場合やHの近くをさすようになっている場合などには、車に何らかの異常が生じている可能性があるので注意が必要です。

中でも、針が通常よりもHの近くをさしていたり、Hの位置を超えてしまっている際には、オーバーヒート気味になっていたり、オーバーヒートの可能性が高くなっています。そのため、オーバーヒートによる車へのダメージを少なくするためにも、異常を感じた際には車を安全な場所に停止させるなどの出来るだけ早めの対処を行うことが大切です。

カテゴリー 未分類 | チェックポイントその1「水温計」 はコメントを受け付けていません。

オーバーヒートの予防策

2014年9月24日 - 23:05 | 投稿者 ヒートヒート

オーバーヒートを予防するには、まず日常の点検が欠かせません。
エンジンは始動した瞬間からとてつもない高温になり、常に過酷な環境にさらされています。
では具体的にどうやって予防すればいいのでしょうか。
まずエンジンを冷やす要素は主に2つあります。

1つは冷却水です。クーラントと呼ばれる水がエンジン、ラジエターを循環することでエンジンの温度を冷やしています。
日常点検で、この冷却水が減っていないかどうかを確認しましょう。ボンネットを開けると、リザーバータンクと呼ばれるタンクがあります。タンクには下限値と上限値が記されているので、その間に液面があるかどうかを確認しましょう。
また、駐車場に冷却水が漏れたりしていないかも重要です。漏れている場合は修理工場に持ち込み、早急に修理するべきです。

2つめの冷却要素はエンジンオイルです。オイルはエンジン内部に行きわたり、熱を吸収しながら循環します。
このオイルが少なくなったり、古くなったりすると冷却能力が低下してしまいます。
エンジンの付近にオイルレベルゲージと呼ばれる棒状のものが装備されているので、それを引き抜いてオイルの量を確認しましょう。同時にオイルがどす黒かったりしないかも確認しましょう。

カテゴリー 未分類 | オーバーヒートの予防策 はコメントを受け付けていません。

サーモスタット及びサーモメーターの作動不良をチェック

2014年9月24日 - 23:04 | 投稿者 ヒートヒート

サーモスタットは、エンジンの温度を検知器するものです。このエンジンの温度を検知して、一定の温度に達すると冷却水を送り込みエンジンの温度を下げ、一定の温度より低下すればエンジンの温度を温めるために重要な役割をしています。この検知器の不良によってオーバーヒートを起こす場合があります。

例えばサーモメーターが上昇していないのに、オーバーヒートを起こす場合は検知器かメーターが動作不良を起こしている場合があります。また、メーターが上昇してオーバーヒートを起こす場合には、冷却水に異常がある場合があります。エンジンの温度変化は感知しているのに、しっかりと冷却できない場合です。冷却水を送る為の機械の故障、パイプなどの破損や詰まり、冷却水の劣化などもあります。

冷却水にも使用期間があり、エンジンオイルなどと同じで定期的な交換をすることで効果的な冷却機能を発揮します。通常はサーモメータはあまり変動がありません。このメーターが上昇する場合には、冷却水を交換することで改善する場合があります。しかし、冷却水を交換しても効果がない場合には、速やかに近くの修理工場などで修理・点検することが必要です。早めに修理点検することで快適な通勤やドライブを楽しむことができます。

カテゴリー 未分類 | サーモスタット及びサーモメーターの作動不良をチェック はコメントを受け付けていません。

冷却用電動ファンの作動不良をチェック

2014年9月24日 - 23:03 | 投稿者 ヒートヒート

オーバーヒートの原因として考えられるのは、冷却水不足やラジエーターの損傷などがありますが、冷却用電動ファンの故障も考えられます。エンジンはその内部でガソリンや軽油などの燃料を爆発させることによって原動力を得るのですが、このために膨大な熱を発生させます。この熱を放っておくとやがてはエンジンを損傷させてしまいますから、何らかの方法でこれを冷却しなければなりません。

多くの場合は水を用いてエンジンを冷やし、これを液冷方式と言います。エンジンの熱を吸収した冷却水を放熱させ冷ますのがラジエーターと呼ばれる装置です。一般的にクルマの前方に配置され、外気を取り込むことで放熱しますが、より積極的に放熱させるためにモーターを用いて強制冷却ファンを置くことがしばしばあります。

このモーターが故障した場合、設計上の冷却効果が得られず、エンジンがオーバーヒートしてしまうのです。この作動不良をチェックするためにはボンネットを開けたままエンジンを動かし、冷却ファンの動作を目視で点検するより他はありません。そして動作しなければファンのモーターに電源を供給するコードの断線を疑うか、モーターそのものの故障が考えられます。恐らくその場合はモーター本体を交換することになるでしょう。

カテゴリー 未分類 | 冷却用電動ファンの作動不良をチェック はコメントを受け付けていません。

ウォーターポンプの作動不良をチェック

2014年9月24日 - 23:02 | 投稿者 ヒートヒート

ウォーターポンプは冷却系の中に密閉されている状態ですので、外から見えて点検できるところがないので、異常があるのではないかと思っても簡単には点検できません。分解すればいいのですが、その為にはファンベルトやタイミングベルトすら脱着する必要があり、交換作業に近くなってしまいます。工賃は部品代以上にかかる事になります。

そこで簡単に作動しているかどうかを判断する方法としては、エンジンが冷えている状態でラジエーターキャップを外してエンジンを始動し、ある程度水温が上がるのを待って、ラジエーター内の水流の様子を見てみる方法があります。この状態ででエンジンを空ぶかしすると、正常な状態なら、はっきり水量が見えて、ラジエーター液が吹き出すはずです。またラジエーターホースを押してみると水圧が感じられえるはずなので、その様子を見てみるのがいいでしょう。もしそうでないのならポンプの故障が考えられます。

しかし現在の車では故障は少なく、ラジエーター液の流れが悪いときもラジエーターのつまりなど別の原因で起こっている可能性がありますので、確実な点検とはいえません。確実に点検するにはやはり分解して点検する必要があり、その場合には結局は交換する事になります。

カテゴリー 未分類 | ウォーターポンプの作動不良をチェック はコメントを受け付けていません。

ラジエター・各種ホース類からの冷却液の漏れ・不足をチェック

2014年9月24日 - 23:01 | 投稿者 ヒートヒート

車は人々が現代社会で生活を送る上で必要な物であるので、常に安全に車に乗る為には定期的なメンテナンスを欠かさないようにすることが大切です。
しかし、時にはメンテナンスの不備によってオーバーヒートが起こることがあります。
オーバーヒートの原因の多くは、エンジンが適切に冷やされずに起こることであり、ラジエターのホースが経年劣化などによって破損し、冷却液などが漏れてしまって、エンジンを冷却出来ない状態になっています。

冷却水の漏れや不足が起こらない様に、ラジエターやホースのメンテナンスやクリーニング、液の補充などを行なっておくことが必要です。
冷却水が十分に冷やされてエンジンへ送られることで、エンジンが発する熱を取り除くことができ、エンジンのオーバーヒートを防ぐことが出来ます。

ラジエーターのフィンのクリーニングも冷却水の冷却を正常に行なう為に必要な作業であり、風を効率的に取り入れて冷却水を冷やして行かなければいけません。
その他にもオーバーヒートを防ぐ方法としては、エンジンに使うエンジンオイルも定期的に交換を行なうことで、汚れたエンジンオイルが循環しないようにする工夫を施していくことが大切です。
定期的なメンテナンスを行なうことで、車のトラブルを未然に防ぐことが可能なのです。

カテゴリー 未分類 | ラジエター・各種ホース類からの冷却液の漏れ・不足をチェック はコメントを受け付けていません。

オーバーヒートの主な原因

2014年9月02日 - 7:50 | 投稿者 ヒートヒート

車の運転時におけるオーバーヒートの主な原因は、冷却水の不足です。冷却システムは、エンジンブロックに設けられた冷却水路を冷却水が循環して、そこでエンジンから放出された熱を蓄積し、ラジエターにて大気へ放出する仕組みです。

ですから、この冷却水自体が減ってきたりすると、熱交換が追い付かなくなり、最終的には、トラブルにつながってしまいます。基本的には、冷却水路は密閉されていますので、冷却水が目に見えて減るという現象はほとんど発生しません。しかし、ホースの継ぎ目や、ラジエター自体の経年劣化によるトラブルが発生していると、そこから冷却水が漏れてしまいます。ホースには、常に熱い冷却水が流れているので、ゴム製のホースは、少しずつ劣化して弾性を失っていきます。

最終的には、ホースのジョイント部から漏れてしまします。ラジエターに関しては、軽量化のために採用される事が多い、樹脂製のサイドタンクに、振動等によりクラックが入り、そこから漏れる場合があります。また、専用の冷却水ではなく、水を入れてしまうと、ただちに錆が発生して、その錆が水路をふさいでしまう事も原因の一つとなっています。ですから、定期的なメンテナンスは重要です。

カテゴリー 未分類 | オーバーヒートの主な原因 はコメントを受け付けていません。